ブログトップ

Bravo! Birds

brabirds.exblog.jp

妄想が暴走している、あいたたた・・・なフォトブログです。デジスコで撮影しています。

b0069564_13142943.jpg

デジスコで撮影、ノートリです(Kowa TSN-774+TE-17W+Sony DSC-W300)。
アカタテハにちょっと似ていますよね。
ヒメアカタテハは、チョウ類をコンデジで撮影し始めた頃に間近で観察できた種で、「わぁ~オシャレな模様で可愛い~♬」と思っていたら、
そのすぐ隣で別個体がカマキリに捕まってムシャムシャと食べられているところを見てしまい、ちょっとトラウマです。

…いや、カマキリには全く罪は無いのですよ、分かっています。
和んでいるすぐそばで自然の厳しさを見てしまい、ギャアァァァ…となってしまっただけで。
野鳥はそういうシーン見ても平気なのですが。これって差別?(笑)

ヒメアカタテハ(姫赤立羽) Painted Lady/ Vanessa cardui
2016年10月中旬撮影

[PR]
# by feigao | 2016-12-07 13:33 | | Trackback
b0069564_04190583.jpg

こちらはデジスコで撮影しました。ノートリです(Kowa TSN-774+TE-17W+SONY DSC-W300)
私がデジスコで昆虫などを撮影した場合、どうしも画像があまくなりがちなのですが、この写真は等倍に拡大しても結構いい感じでした。
花の蜜を吸いに来たチョウはよく位置を微妙に変えたりしますから、ピントが合いづらくなります。
きっとピントがドンピシャだったのだと思います(笑)

今年の更新分から画像サイズを大きくするつもりだったのですが、うっかり忘れていて以前のままの700×525pixelでアップしていたので
慌てて本日差し替えしました。あちゃ~。

ベニシジミ(紅小灰蝶) Small Copper/ Lycaena phlaeas
2016年10月中旬撮影

[PR]
# by feigao | 2016-12-04 07:00 | | Trackback
b0069564_08102249.jpg
自分にとって身近なチョウの一種であるヤマトシジミですが、オスとメスで違いがあったり高温期型と低温期型などがあってややこしいのですね(><)

おや、右手奥にいるのは…?

b0069564_08052163.jpg

チャバネセセリです。メスかな?
セセリチョウの仲間は、知らないと一瞬「蛾?」と勘違いしてしまいそうです。
子供の頃はよく捕まえていましたが(その後放していました)、今となっては「あれ…チャバネセセリだっけ?それともイチモンジセセリだっけ?」と
もうほとんど区別がつかなくなっている自分に愕然としてしまいます。

あとどうでもいいことですが、投稿記事タイトルの左側に白い小鳥を配置してみました。
ブログ背景画像の宇宙とタイトルのライトエフェクトがかかっているチョウもPhotoshopで作成してみました。
小鳥とチョウは自分で撮影した画像を元にブラシにしました。で?と言われたらそれまでですが…。

ヤマトシジミ(大和小灰蝶、大和蜆蝶) Pale Grass Blue/ Pseudozizeeria maha
チャバネセセリ(茶羽挵) Dark Small-branded Swift/ Pelopidas mathias
2016年10月中旬 DSC-W300にて撮影

[PR]
# by feigao | 2016-12-01 09:35 | | Trackback
b0069564_07170235.jpg

こちらは2枚ともデジスコで撮影したものでノートリです。ヌケがいいです(^^)
小学生の時、アオスジアゲハの模様が遠くから見ると青いのに、捕まえて間近で見るとどうして緑っぽくなるんだろうと不思議に思っていました。

b0069564_07172983.jpg

こちらは写っては困るものが手前に写っているため、若干トリミングしています(^^;)
アオスジアゲハ(青条揚羽) Common Bluebottle/ Graphium sarpedon nipponum
2016年10月中旬撮影

[PR]
# by feigao | 2016-11-28 22:56 | | Trackback
b0069564_07021127.jpg

前日に雨が降ったので、葉に溜まっている水滴を吸っているようです。

b0069564_07023668.jpg

こちらは別個体。

b0069564_07212636.jpg

もう少し上から撮影したかったのですが、やや高い位置に止まっていたのでこんなアングルになってしまいました。
2,3枚目は♂でいいのかな?浅学なため自信がありません。

もし「このチョウ違うよ」というのがありましたら、エキサイトメールへご連絡頂ければ幸いです。
ムラサキツバメ(紫燕) Powdered Oakblue/ Narathura bazalus
2016年10月中旬 SONY DSC-W300にて撮影

[PR]
# by feigao | 2016-11-26 00:16 | | Trackback
b0069564_06244406.jpg

前回アップした撮影日より5ヶ月近く時間が飛んで10月撮影分です。
数羽で群れていたスズメがよくこの手摺に飛び乗ったり降りたりしていました。

この間忙しくて全く野鳥撮影ができませんでした。
あまりのストレスに今年夏風邪を3回引きました(T_T)
ストレスを溜めないように休日を中心に30~90分程のウォーキングやジョギングを心がけていましたが、あまり効果は無かったようです…。

次回からはウォーキング中にコンパクトデジカメで撮影した昆虫(ほとんど蝶)をアップしていきたいと思います。
更新停滞中も大して野鳥撮影ができておりません。それ以前に撮影した野鳥写真は現在少しずつ整理しています。
どうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m

2016年10月中旬撮影

[PR]
# by feigao | 2016-11-24 02:04 | スズメ | Trackback
b0069564_06161761.jpg

前回更新から4年半経ってしまいました… ( 'д'⊂彡☆))Д´) パーン

こちらは今年の5月24日に撮影したキビタキです。恐らく通過個体と思われますので結構遅い渡りになるのでしょうか?
思いっきりカメラ目線ですが、他の写真は薄暗い場所で撮影した為全てブレてしまいました。
ちなみに去年はGWに一日だけ2~3時間程デジスコ担いで行ったのですが、至近距離でキビタキ♂が囀っているのに、
目の前に高い細枝が重なっていたので見ることも撮影することもできませんでした(悔しいので音声だけケータイで録音しました)。

b0069564_06165699.jpg

こちらは同日撮影した蝶、ウラナミアカシジミです。デジスコで撮影しています。

幾度か「昆虫や植物などをデジスコで撮影しないのか?」というご質問をいただいたことがありますが、実はKOWAのフィールドスコープTSN-774は5m以上対象物から離れないとピントが合いません。
アゲハチョウクラスの大きさ以上の対象物ならばそれでも問題ないと思いますが、小さなシジミチョウクラス以下の大きさですとトリミング前提になってしまうでしょう。
それと画質(orピント)が少し甘くなってしまうような気がします。
今まで何度も撮影していますが、個人的にはちょっと納得できない写真なので(特に等倍まで拡大すると)、ほとんどアップしていませんでした。
ただデジスコで昆虫を撮影するとヌケがいいです(^^)
それと距離がある被写体にはデジスコが威力を発揮しますね。

キビタキ(黄鶲) Narcissus Flycatcher/ Ficedula narcissina
ウラナミアカシジミ(裏波赤小灰蝶) Zebra Hairstreak/ Japonica saepestriata
2枚とも2016年5月24日撮影 レタッチ・トリミング有り


[PR]
# by feigao | 2016-11-21 23:22 | キビタキ | Trackback
b0069564_15241425.jpg

日本で見られたのは1987年の沖縄以来25年ぶりだそうで・・・。
デジスコ(TSN-774+TE-17W+W300)での撮影です。
遮光フィルターを使用しております。
中心食線が通る地域での撮影です。

この遮光フィルターを使用するにあたって、ステップダウンリングも購入したのですが
何を間違えたのか、95-77mmの方を購入してしまい、「は、はまらない・・・。・゚・(つД`)・゚・。」とパニック状態に。
3Mテープ(湿布する時などに使用するテープ)で貼りつけて撮影しました。
う~ん、ネットで「購入する」ボタンを押す時、半分寝ていたからかしら・・・?(^^;)

天体を撮影するのは今回が初めてですのでアレですが、まぁ記念ということで。
2012年5月21日撮影
[PR]
# by feigao | 2012-05-21 15:24 | 天体 | Trackback
b0069564_1475742.jpg

イカルチドリとコチドリ、図鑑で見るととても似ていて慣れないと見分けが難しそうです。
前回アップしたイカルチドリを観察している時に運良くコチドリがやって来ましたので、ツーショットを狙ってみました。

イカルチドリが小石の上に乗っていてアレですが、遠近を考慮に入れても明らかにイカルチドリの方が大きいですね~。
でもやっぱりいきなりイカルチドリが現れたらコチドリかどうかしばらく悩んでしまいそうです(爆)
2011年4月 TSE-9W(×50)とEX-Z850にて撮影
[PR]
# by feigao | 2012-05-17 14:08 | イカルチドリ | Trackback
b0069564_20505292.jpg

イカルチドリは「怒る千鳥」と書き、ちょっとでも目が合うと
「なぁ~にじろじろ見とんのじゃ~、ゴルァ~!」と猛牛のごとく突進してくる、大変気性の激しいチドリです。
(注 よい子の皆さんは絶対に信じてはいけませんゾ!! 笑)

b0069564_20512533.jpg

前回アップしたコチドリを直前に観察していたおかげですぐにイカルチドリだと分かりました(滝汗)
コチドリに比べて明らかに大きく、黄色いアイリングも目立っていませんでした。

b0069564_20522072.jpg

イカルチドリを間近で観察したことがあまりないので(過去1回ぐらい?)、じっくりと観察させてもらいました。
コチドリとイカルチドリ、どちらもかわゆいですね~(*^-^*)
2011年4月 TSE-9W(×50)とEX-Z850にて撮影
[PR]
# by feigao | 2012-05-12 20:54 | イカルチドリ | Trackback