ブログトップ

Bravo! Birds

brabirds.exblog.jp

妄想が暴走している、あいたたた・・・なフォトブログです。デジスコで撮影しています。

カテゴリ:色々( 3 )

父の喪中につき、年始のご挨拶は控えさせていただきます。


今日税務署へ行き、去年亡くなった父の準確定申告を済ませてきました。
これで父の事後処理はほぼ終わった…はず…?です。
肩の荷が降り、ホッとしています。

仕事の疲れと事後処理からくるストレスで、体調を崩し仕事場に迷惑をかけてしまったり、
去年の師走に父の葬儀に参列してくださった親戚の方がお亡くなりになり、やるせない気持ちになってしまったり、何キロも太ってしまったりと涙目でした。
もっと身も心も強くありたいと思いました。

去年はあまり更新ができませんでしたが、今年はもう少し更新できたらと思っております。
しばらくは在庫の画像をアップすることになるかと思いますが、ご容赦くださいませ。

b0069564_224679.jpg


スズメ  Tree Sparrow/ Passer montanus
2009年1月撮影

結構この画像気に入っていたりします(笑)
[PR]
by feigao | 2012-01-11 22:17 | 色々 | Trackback
以前テレビで近しい人が亡くなった時の心得みたいな番組をやっていまして
その中で「遺族は悲しんでいる暇はない」とあったのですが、本当にその通りでした。

そして葬式が無事終わったらハイそれで終わりというわけではなく…。
○○の申請や××の申請など、事後処理が結構あるのですね。
しかも、○○の申請は死亡後10日以内とか××の申請は死亡後14日以内…という結構急なものもありました。
しかも父は世帯主だったため、公共料金等の名義変更もあります。

私も母も働いていますし、本当は既に結婚して家を出ている妹二人にも手伝って欲しかったのですが、
妹達は我関せずと言った感じで全く手伝ってくれませんでした。
結婚していようが家を出ていようがお前らも家族なんじゃ~手伝えやゴルァ~!!
「何か手伝うことない?」とか気の利いたこと言えんのか~!と殺意を抱いたのはここだけの話です(爆)

そしてここで浮かび上がってくる人間関係や宗教の問題、四十九日の準備など、まだまだ処理すべき事は沢山ありました。

母がPCを全く扱えない人間なものですから、分からないことがあると私が色々ネットで調べたり、
申請書の書類を書いたり四十九日の法要が終わった後の席を設けるための会場を探したりもしていました。


その頃から私の仕事が納期に向けてどんどん忙しくなり…。
毎日仕事は残業、休日は父の事後処理に明け暮れる日々を送っていました。
休日があっても全然休んだ気がしません。

そして…。
父の葬式が終わって仕事に復帰した頃から頭痛が毎日続くようになり、プラス胃痛もはじまりまして
それでも病院へ行って薬を飲みながら仕事を続けていましたが、薬を飲んでも全然治まらず、
むしろ痛みは悪化していき、とうとうダウンしてしまいました(泣)

お粥とうどんしか食べることができない日々は辛かったです(号泣)

今は頭痛も胃痛もある程度治まってきています。


…とまあ、色々と書いてきましたが、結局何が言いたいかというと
肉親が亡くなると結構大変なのね、ということです。
[PR]
by feigao | 2011-12-03 00:31 | 色々
9月下旬、父が亡くなりました。69歳の若さでした。

そもそもの原因は、長期間に渡るタバコの吸いすぎです(和○アキコがCMしていたヤツです)。
タバコのことで、子供の頃父とよく喧嘩をしました。

私 「ちょっと、タバコ吸わないでよ!!」
父 「だったらこっちに来るな!!」

とか

私 「そんなにタバコを毎日吸って、肺ガンで死んでも線香あげてあげないからね!!」
父 「お前に線香あげてもらっても嬉しくないわ!!」

など…(爆)
あの頃が懐かしいですね。


あれから十数年以上経過し、ドクターストップがかかっても父は「タバコはもう吸ってませ~ん」と言いつつ陰で吸っておりました。
で、このままではヤバいと父が思った時には既に遅し。
外出する時は酸素ボンベを持っていかなければならない状態まで悪化していました。

それでもリハビリなどで肺の機能が低下するのを少しでも遅らせることができたのですが、
父は家でリハビリを全くしませんでした。

何度もリハビリ運動をするよう注意をしたのですが、する気がなかったようです。
どんどん状態が悪化していく父を見ているのはとても辛かった。

最後は肺炎をこじらせ、敗血症にかかり、多臓器不全で亡くなりました。
本来肺の中だけにいるべき菌が血液の流れとともに全身にまわり、色々な臓器が炎症を起こしてしまったのです。
既に体力がない父に、敗血症は致命的でした。


…上に書いた他にも色々な経緯があってか、悲しいはずなのに涙が全く出てきませんでした。
自分は冷たいのでしょうか?
ただただ、亡くなった父を見ていました。


この話、まだ続きますm(_ _)m
[PR]
by feigao | 2011-11-28 09:06 | 色々