ブログトップ

Bravo! Birds

brabirds.exblog.jp

妄想が暴走している、あいたたた…なフォトブログです。最近はミラーレス一眼でチョウが多いです。

カテゴリ:蝶( 38 )

b0069564_03324236.jpg

♂なのでしょうか。自信はありません(泣)
少~し暗いところにいました。

ヒメジャノメ(姫蛇目) The Chinese Bushbrown / Mycalesis gotama (Moore, 1858)
2017年6月中旬撮影
[PR]
by feigao | 2017-07-12 03:47 | | Trackback
b0069564_23142730.jpg

GW頃、蝶を撮影していた時に、詳しい方がミドリシジミがこれからシーズンになるよ~探して見てごらん、
と教えて下さったので探してみました。
あまり詳しく無いので、いたらいいな~程度に探していましたが、すぐ発見することができて嬉しかったです。

b0069564_23160952.jpg

探しに行った場所で、また別の詳しい方がミドリシジミはこういうアングルで撮ると綺麗な色が出るよなどと
詳しく教えて下さいました。
とても綺麗な色ですね。蝶愛好家の皆さんが夢中になるのもよく分かります。
色々と教えてくださった方々、本当にどうも有難うございましたm(_ _)m
今シーズンは忙しかったので殆ど探しに行けませんでしたが、来シーズン以降もっと見に行けたらと思います。

ミドリシジミ(緑小灰蝶) The Green Hairstreak / Neozephyrus japonicus (Murray, 1875)
2017年6月上旬撮影
[PR]
by feigao | 2017-07-04 23:31 | | Trackback
b0069564_00105740.jpg

コジャノメ…だと思います、多分。♀でしょうか、自信がありません。
薄暗い場所でこの一帯だけ強い光が当たっている状態でしたので、眩しすぎてあまりじっくり観察できませんでした(><)
似たような種にヒメジャノメというチョウがいます。

b0069564_00105679.jpg

翅を閉じた状態。

子供の頃は、ジャノメチョウの仲間にある目のような模様(眼状紋)を正直薄気味悪く感じていましたが、
今は眼状紋も魅力的だと思っており、進化の過程でどのようにしてあの模様ができていったのだろうかと考えてしまいます。

コジャノメ(小蛇目) The Lillacine Bushbrown / Mycalesis francisca (Stoll, 1780)
2017年5月下旬撮影
[PR]
by feigao | 2017-07-01 00:56 | | Trackback
b0069564_11174201.jpg

♂です。じっとして吸蜜していたので撮影することができました。
ジャコウアゲハは♂の成虫から麝香の匂いがするということで有名ですが、どんな匂いでしたっけ?(爆)

ジャコウアゲハ(麝香鳳蝶・麝香揚羽) Chinese Windmill / Byasa alcinous (Klug, 1836)
2017年5月下旬撮影
[PR]
by feigao | 2017-06-26 11:47 | | Trackback
b0069564_23153575.jpg

書家が一気に筆を振り下ろしたような翅の模様が大好きです。
もっと引いた構図にしたつもりだったのが、何故か大きく撮影してしまった一枚。Why?

ミズイロオナガシジミ(水色尾長小灰蝶) The Black-banded Hairstreak / Antigius attilia (Bremer, 1861)
2017年5月下旬撮影
[PR]
by feigao | 2017-06-24 23:23 | | Trackback
b0069564_14123604.jpg

前回は時間が無く、続いての投稿です。
ぷっくりしたお腹が可愛らしい、大きめのセセリチョウなのですね。
この日は気温が高かったせいか、夕方遅くまで吸蜜しに来ていました(普段はもっと早い時間に見えなくなるそうです)。
直射日光が当たるより、日陰の方がアオバセセリの綺麗な色が出る気がします。

b0069564_14123710.jpg

求愛行動も見ることができました。
♀がまっすぐ立ったような状態でゆっくりと上に飛んでいき、♂が♀の周囲を高速で飛び回るのですね。
♀がクリオネに、♂が♀の衛星のように見えました(ヲイ)

ところで、アオバセセリの幼虫はアレですね…以前NHKで放送していた『ニャッキ!』のニャッキを思い出します。あ~懐かしい(笑)
モデルは別の蛾らしいですが…。でも似たようなキャラクターをどこかで見たような気がするのですが、記憶違いでしょうか?

アオバセセリ(青羽挵) Indian Awlking / Choaspes benjaminii (Guérin-Meneville, 1843)
2017年5月上旬撮影
[PR]
by feigao | 2017-06-03 18:55 | | Trackback
b0069564_22391935.jpg

先週末は時間が無く、画像をアップできませんでした。とりあえずこの一枚だけ。
また後日同種をアップしたいと思います。

アオバセセリ(青羽挵) Indian Awlking / Choaspes benjaminii (Guérin-Meneville, 1843)
2017年5月上旬撮影

[PR]
by feigao | 2017-06-01 22:51 | | Trackback
b0069564_17492382.jpg

とにかく小さくて素早く飛ぶセセリチョウなのですね。最初飛んでいるところを見た時はアブかハチかと思いました(^^;)
普通種とのことですが、昆虫類に明るくない私にとって観察・撮影できることがとても嬉しいです。

コチャバネセセリ(小茶羽挵) Japanese swift / Thoressa varia (Murray, 1875)
2017年5月上旬撮影
[PR]
by feigao | 2017-05-21 17:58 | | Trackback
b0069564_17111204.jpg

某ポイントでベニシジミをはじめ、ヤマトシジミやルリシジミなどが多く生息している所を見つけました。
ベニシジミも個体差があってとても興味深いです。

ベニシジミ(紅小灰蝶) Small Copper, Common Copper / Lycaena phlaeas (Linnaeus, 1761)
2017年5月上旬撮影
[PR]
by feigao | 2017-05-21 17:18 | | Trackback
b0069564_02015528.jpg

今月来月はあまり更新ができないかもしれませんので、1度に複数アップします。
成虫は春の一時期にしか見ることができないそうです。そういえば今月に入ってからはあまり見かけません…。
お散歩時に何度も見たのですが、いつもせわしなく飛んでいて撮影まで至ることができませんでした。
よくよく観察していると、モンシロチョウやスジグロシロチョウとは大きさや飛び方が違うので何となく分かってきました。
こちらは♀ですね。証拠写真ですが、記念にパシャリ。

ツマキチョウ(褄黄蝶) Anthocharis scolymus Btler, 1886
2017年5月上旬撮影
[PR]
by feigao | 2017-05-14 02:36 | | Trackback