ブログトップ

Bravo! Birds

brabirds.exblog.jp

妄想が暴走している、あいたたた…なフォトブログです。最近はミラーレス一眼でチョウが多いです。気ままに一方的に更新。

カテゴリ:昆虫( 64 )

b0069564_03182775.jpg

不思議な形をした昆虫がいたので撮影してみました。
コミミズクという昆虫の幼虫だそうです。
私としてはどうしても野鳥のコミミズクの方をを思い出してしまいます(^^)
鳥のコミミズクは未だ見たことがありませんので見てみたいです。
あと成虫のコミミズクもね!

コミミズク Petalocephala discolor
2017年11月中旬撮影



[PR]
by feigao | 2017-12-13 20:48 | 昆虫 | Trackback
b0069564_07510749.jpg

ホソミオツネントンボもまた見ることができました(^^)¥
ベンチに座っていた家族の頭に近づいてきて(?)、私が驚いたらふわっと上の方の枝に止まりました。
最初越冬トンボだって分からなかったもので…。
そういうことってあるんですね~。実に惜しいことをしました。本当に残念!!

ホソミオツネントンボ(細身越年蜻蛉) Indolestes peregrinus (Ris, 1916)
2017年11月上旬撮影



[PR]
by feigao | 2017-12-12 03:17 | 昆虫 | Trackback
b0069564_23174697.jpg

オオカマキリだと思うのですが…違かったらご指摘お願いいたします。

よく見るとオスの体半分が既にありません。メスに捕食されたようです。
ですが、ずっとオスはメスにしがみついて交尾を続けていました。
話には聞いていましたが、実際に見たのは今回が初めてでした。

オオカマキリ(大蟷螂) Tenodera aridifolia (Stoll, 1813)
2017年11月上旬撮影


[PR]
by feigao | 2017-12-09 23:30 | 昆虫 | Trackback
b0069564_21440662.jpg

本日2回目の投稿です。

クサギカメムシだと思うのです。ちょっと自信ありませんけれど。
少し前このカメムシが家に入ってきて家族で大騒ぎになりました。
夜中に蛍光灯の周りを飛び始めましたからね…皆テンパって大変でした(^^;)
クサギカメムシ(臭木亀虫) Halyomorpha halys
2017年11月上旬撮影



[PR]
by feigao | 2017-12-08 21:51 | 昆虫 | Trackback
b0069564_22312750.jpg

越冬型のホソミイトトンボに会えました(^^)
お久しぶりぃ~♪

このポイントでジョウビタキにも会えました。
ここ1年ほとんど昆虫を撮影していますが、野鳥に興味を失ったとかそういうことではありません。
デジスコをあまり担げないだけで、肉眼で野鳥を観察していますよ。

ホソミイトトンボ(細身糸蜻蛉) Aciagrion migratum (Selys,1876)
2017年11月上旬撮影



[PR]
by feigao | 2017-12-02 22:46 | 昆虫 | Trackback
b0069564_23365811.jpg

少し前に遡りますが、9月に撮影したアオバハゴロモです。
何度も見かけて撮影にチャレンジしましたが、皆ピンボケでした。
一度暗い場所にいたこの昆虫を撮影しようとして内蔵ストロボを使用したのですが
ストロボのまえに薄い葉があることに気づかずに葉を通してストロボを焚いてしまい、
アオバハゴロモの色が濃い蛍光緑色になったことも…(笑)

このアオバハゴロモ、学名が"Geisha"なんですね。命名した方は芸者を連想したのでしょうか。
あぁ、でもGeishaという属名はWalker氏ではなく他の人が付けた…ということでいいのかな?

アオバハゴロモ(青羽羽衣) Geisha distinctissima (Walker, 1858)
2017年9月中旬撮影



[PR]
by feigao | 2017-11-29 23:46 | 昆虫 | Trackback
b0069564_21412042.jpg

あめんぼあかいなあいうえお♪のアメンボです。←演劇部の発声練習でよく使われます。

あれ?まだアメンボがいるのかと思いましたが、このシマアメンボは12月位までいることもあるそうです。
淡水性で流れのある場所に生息し、成虫または卵で越冬するとか、フムフム。

b0069564_21412766.jpg

水面から上がった状態のシマアメンボのペア。
単体での撮影は非常に素早くて厳しかったのですが、交尾状態になると動きがゆっくりになったので撮影することができました。
しかし名前の由来になったであろうこの縞々模様ですが、
心の奥底に眠っている中二病心を刺激してくれますな~(笑)
次は明るい時間帯に撮影してみたいです。

シマアメンボ(縞水黽・飴坊・水馬) Metrocoris histrio (B.White, 1883)
2017年11月中旬撮影


[PR]
by feigao | 2017-11-24 22:06 | 昆虫 | Trackback

蛾の幼虫の画像がありますので苦手な方は閲覧要注意です(本来は野鳥ブログなため、このように表示いたしました)。


→そんなことないよ、イモムシ大好き。
[PR]
by feigao | 2017-11-22 19:29 | 昆虫 | Trackback
b0069564_20050138.jpg

草の上にちょっと大きめのテントウムシがいました。
「こんなテントウムシいたっけ…?まぁ家に帰ったら調べてみよう」と、とりあえず証拠写真としてパチリ。
ネットで検索してもなかなか該当する画像が見つからず、実はハムシの仲間なのだろうかと思い調べてみても見つからず…。

どうやら外来種のムネアカオオクロテントウと言う、最近日本へ入ってきたテントウムシだそうで
クズに集まるマルカメムシを食べるそうです。
実はこのテントウムシを見つけたのは2箇所目で、最初は別の場所で撮影しています。
見た目はとても可愛らいいのですけれどね。

ムネアカオオクロテントウ Synona consanguinea
2017年11月上旬撮影


[PR]
by feigao | 2017-11-21 20:45 | 昆虫 | Trackback
b0069564_17325336.jpg

ワンドのような場所に行った時、オオアオイトトンボが複数いました。
そろそろシーズンも終盤だし、水辺にきて交尾・産卵するのかなと観察していると妙に白っぽい個体がいることに気が付きました。
よくよく見てみるとクロイトトンボ♂のように粉が吹いて、複眼が随分青っぽいです。
これがアオイトトンボかぁ~と思いました。
今まで見たことが無かったのでとても嬉しかったです(*^^*)

アオイトトンボ(青糸蜻蛉) Lestes sponsa (Hansemann, 1823)
2017年10月中旬撮影



[PR]
by feigao | 2017-11-18 22:21 | 昆虫 | Trackback