ブログトップ

Bravo! Birds

brabirds.exblog.jp

妄想が暴走している、あいたたた…なフォトブログです。最近はミラーレス一眼でチョウが多いです。

b0069564_02015528.jpg

今月来月はあまり更新ができないかもしれませんので、1度に複数アップします。
成虫は春の一時期にしか見ることができないそうです。そういえば今月に入ってからはあまり見かけません…。
お散歩時に何度も見たのですが、いつもせわしなく飛んでいて撮影まで至ることができませんでした。
よくよく観察していると、モンシロチョウやスジグロシロチョウとは大きさや飛び方が違うので何となく分かってきました。
こちらは♀ですね。証拠写真ですが、記念にパシャリ。

ツマキチョウ(褄黄蝶) Anthocharis scolymus Btler, 1886
2017年5月上旬撮影
[PR]
# by feigao | 2017-05-14 02:36 | | Trackback
b0069564_01233885.jpg

チョウを探しにお散歩に行ったのですが、小さな水辺があり、そこにイトトンボがいました。
越冬トンボの中でこの時期まで茶色い色をしているのはオツネントンボですよね…?(自信なし)
これで越冬トンボ3種見ることができました。やったね!
この場所でオツネントンボを見ることができて驚きました。来年は真冬に見てみたいです(^^) オッツネ~ン♪

b0069564_01233886.jpg

だいぶ日が傾いて気温が下がっていく中、そのうちの一匹がずっと石から動かずにいましたので
真正面から撮影させてもらいました。
でっかいクレジット(透かし)を入れておりますが、ご容赦下さい。以前洒落にならないことがありましたので…。
正面顔はまるで別の生き物のように見えまする~。

オツネントンボ(越年蜻蛉) Siberian Winter Damselfly / Sympecma paedisca(Brauer,1877)
2017年4月下旬撮影
[PR]
# by feigao | 2017-05-14 01:47 | 昆虫 | Trackback
b0069564_16054161.jpg

b0069564_16054981.jpg

シオカラトンボの♀…と思っていたのですが、何か違いますね。
腹部先端の形といい、これは♂の未成熟個体ということでいいのかな?
上の画像でははっきりと見えませんが、拡大してみると腹部第2節に副性器があり、腹部先端の形が♂でした…。

シオカラトンボ(塩辛蜻蛉) Common skimmer / Orthetrum albistylum speciosum
2017年4月下旬撮影
[PR]
# by feigao | 2017-05-07 16:38 | 昆虫 | Trackback
b0069564_22060828.jpg

「おおっ、シオカラトンボかぁ~結構早いなぁ~。」と思っていたら、シオヤトンボでした。
日本特産種だそうです。
もう今となってはシオヤトンボとシオカラトンボ、オオシオカラトンボの区別もつかなくなっています…orz

シオヤトンボ(塩屋蜻蛉) Orthetrum japonicum japonicum
2017年4月中旬撮影
[PR]
# by feigao | 2017-05-05 22:26 | 昆虫 | Trackback
b0069564_21542025.jpg

この日は結構暑く、アイスを食べながら(←ダイエットは? 笑)休憩していると、側にいた女性が何かを探しているようでした。
フデリンドウを探しているとのことで、私にその場所を教えてくれました。結構小さいのですね。
そこにあると知らないと、気が付かずに踏みつけてしまいそうです。
去年はもっとあったのにね~、と言っていました。

植物は幾つかアレルギーを持っているので敬遠していたこともあり、昆虫以上に知識がありませんので
教えて下さり大変有り難かったです。この場を借りて御礼申し上げますm(_ _)m

フデリンドウ(筆竜胆) Gentiana zollingeri
2017年4月中旬撮影
[PR]
# by feigao | 2017-04-30 22:11 | 動植物 | Trackback
b0069564_20203408.jpg

ヤマトシジミのそばで一緒に?飛んでいるチョウが何か違う…と思ったら、ツバメシジミでした。
b0069564_20204201.jpg

♀でしょうか。身近にいるチョウですが、とても可愛いです(*^-^*)


野鳥の春の渡りが始まっていますね。
野鳥目当てに当ブログを訪れてくださった方、そちらの更新があまりできずに本当に申し訳ありませんm(_ _)m

車が無いため、現地及び現地まで公共機関を使ってデジスコ機材+それを入れるリュックで動き回ることになりますが、
何年か前に首と肩を痛めたので、それをすると何日か肩がイテテ…となり、仕事に差し支えるかもしれないのである程度控えております。
特にリュックを背負ったままというのが良くないみたいですね。どうしても段々と猫背になってしまいます。
それを防ぐために、現在も首や肩(肩甲骨辺りの)のストレッチや軽い筋トレ等をしているのですが、効果はどうなのでしょう?
ただ、春の渡りのシーズンに1回くらいはデジスコで撮影できたらなと思っております。

ツバメシジミ(燕小灰蝶) Short-tailed Blue / Everes argiades
2017年4月中旬撮影
[PR]
# by feigao | 2017-04-27 21:20 | | Trackback
b0069564_21303796.jpg

そばにいるとは全く知らず、近づきすぎて足元から飛び立ち超びっくり~なクロコノマチョウです。
止まっていると落ち葉と見分けがつきにくいので、今季何回かこのようなことをやらかしてしまいました(>_<)
驚かしてごめんなさい。

クロコノマチョウ(黒木間蝶) Dark Evening Brown / Melanitis phedima
2017年4月中旬撮影
[PR]
# by feigao | 2017-04-24 21:49 | | Trackback
b0069564_20455518.jpg

かなり陽が傾いていた時間に、ルリシジミを見つけました。
風が強く気温も低くなっており、あまり動きませんでした。
ルリシジミにとってはさぞかし迷惑でしょうが、少しの間モデルになってもらい
被写界深度やシャッタースピードなど色々設定を変えて撮影してみました。

ルリシジミ(瑠璃小灰蝶) Holly blue / Celastrina argiolus
2017年4月中旬撮影
[PR]
# by feigao | 2017-04-23 20:59 | | Trackback
b0069564_21195617.jpg

時々見かける謎の動きをする昆虫です。
木の枝が揺れているような動きをすることで、敵から身を守っているのでしょうね。

ナナフシモドキ Baculum irregulariterdentatum
2017年4月中旬撮影
[PR]
# by feigao | 2017-04-21 01:16 | 昆虫 | Trackback
b0069564_22473591.jpg

初めてホソミイトトンボやホソミオツネントンボに出会った場所で再び見ることができました。
この個体はたぶん♀だと思います。
遠くから見ると茶色い身体をしているように見えましたが、ゆっくりゆっくりと近づいていくと
少し水色をしていることが分かりました。あと結構翅(はね)が茶色いことも。
翅が茶色がかっているのは♀だけの特徴なのでしょうか?

ホソミオツネントンボ(細身越年蜻蛉) Sympecma paedisca
2017年4月上旬撮影
[PR]
# by feigao | 2017-04-19 23:22 | 昆虫 | Trackback