ブログトップ

Bravo! Birds

brabirds.exblog.jp

妄想が暴走している、あいたたた…なフォトブログです。最近はミラーレス一眼でチョウが多いです。

b0069564_22250845.jpg

コミスジは何度も見たことがありますが、いつも少し高い所を滑空しているので、コンデジで撮影することはできませんでした。
今回やっと撮影することができました。
人がいなくなった時にそっと地面に降りたりしていましたよ。綺麗な個体ですね。

ミラーレス一眼とマクロレンズの操作に四苦八苦しています。
ピントやF値などもその都度マニュアルで操作しているので、背景のぼかし方や被写体のピントが合う範囲など、分からないことがたくさんです(><)
コンデジとは勝手が違うので…でもいい勉強になります。

コミスジ(小三條) Common Glider, Pallas's Sailer / Neptis sappho
2017年4月中旬撮影
[PR]
# by feigao | 2017-04-15 22:51 | | Trackback
b0069564_23280804.jpg

モンシロチョウとよく間違えるチョウです。
小学生の頃よくモンシロチョウを実家の近所で捕まえていましたが、捕まえた後匂いを嗅ぐとレモンのような香りがするチョウがいました。
ですのでてっきり「モンシロチョウはレモンの香りがする」と思い込んでしまっていましたが、
実はそのチョウはスジグロシロチョウの♂だったのですね~。長いこと思い違いをしておりました。
だってぇ~親は全然虫のこと全然知らないしぃ~、先生も教えてくれなかったしぃ~、今みたいにネットも無かったしぃ~(言い訳)。

b0069564_23281769.jpg

この個体は…♂?前翅表の前縁部分…開いた時に見える上の羽の上部の縁が黄色いのですね。
よく見ると右前翅の形が少しおかしい?
ヤマトスジグロシロチョウというチョウもいるそうですね。もし出会った時果たして違いが分かるでしょうか?自信は全くありません。

スジグロシロチョウ(筋黒白蝶) Pieris melete
2017年4月上旬撮影
[PR]
# by feigao | 2017-04-14 00:34 | | Trackback
b0069564_23255411.jpg

上の写真は2016年12月下旬に撮影したものです。この個体はその後落ち葉の下に隠れてしまいました。
この場所は当時もうすぐ陽が完全に陰ってしまうので、今日はきっとそのまま休むのだろうなと考えました。
でも人に落ち葉ごと踏まれたらどうするんだろう?とちょっと心配してみたり。

確かにここは落ち葉が積もっており、午前中から陽が照っていたので、落ち葉の中もしばらく暖かいでしょうね。
ですが、もしかしたら自分が近づいたせいで一時的に落ち葉の中に避難しただけなのかなと思い、30分程少し離れた距離から観察していましたが、そこから飛び立った様子はありませんでしたし、その間に完全に陰ってしまいました。

その頃、午後になると、そうやって地面の落ち葉の下に潜って休むムラサキシジミを何頭か確認しました。
たまたま年末とは思えないくらい暖かい日が続いたので、一時的にそうしていたという可能性も考えられますが。
たくさんあった落ち葉も、その後管理会社の人達によって綺麗にされてしまい、落ち葉の下に潜るムラサキシジミを確認できなくなりました。

ムラサキツバメやムラサキシジミの成虫は、越冬中常緑樹やそれに絡まった枯れ葉で休むものだというイメージがあったのですが、
幼虫はともかく、ムラサキシジミの成虫が地面にある落ち葉の下で休むこともある、とは知りませんでした。またひとつ勉強になりました。
チョウに詳しい方からは「そんなん常識やで~。何を今さら。」と言われてしまいそうですが(^^;)

SONY DSC-W300にて撮影

b0069564_23260209.jpg

20分くらいここで吸蜜していました。よっぽどお腹空いていたのでしょうね~。
「またここにチョウ達がやってくるかもしれない、楽しみだな~」と後日期待して行ってみたら、
誰かがこの周りの花を何株も持っていってしまったようです。何ヶ所もざっくりと土を掘られた跡が…OMG!!

ムラサキシジミ(紫小灰蝶) Japanese Oakblue / Narathura japonica
2017年3月下旬 LUMIX DMC-G7にて撮影

[PR]
# by feigao | 2017-04-11 01:19 | | Trackback
b0069564_21221424.jpg

長く尖った針のようなもの(口吻というそうです)で刺すのかと思ったのですが、人を刺したりはしないみたいです。よかったぁ~(´∇`) ホッ
成虫は春にしか見られないそうで、恐らく今まで見たことがあっても意識していなかったのだと思います。
目が離れているのが♀だそうです。

b0069564_21222196.jpg

頭隠して尻隠さず(笑)
こちらは♂だったと記憶しています。

ビロウドツリアブ Bombylus major
2017年3月下旬撮影
[PR]
# by feigao | 2017-04-04 21:45 | 昆虫 | Trackback
b0069564_23064116.jpg

昨日更新しようとしたら何故か急にブログにアクセスできなくなっていました。

コガタルリハムシ…だと思いますが、今イチ自信がありません(^^;)
風が止んで少し暖かくなってきたなと思ったら、足元に生えていたギシギシ?から数匹現れてびっくりしました。
結構綺麗な色をしているのですね。

コガタルリハムシ Gastrophysa atrocyanea
2017年3月下旬撮影
[PR]
# by feigao | 2017-04-01 03:19 | 昆虫 | Trackback
b0069564_21565958.jpg

最初ベニシジミかなと思ったのですが、随分黒っぽいな~。
ミヤマセセリというチョウだそうです。♂とのことで。
この場所で3個体見ましたが、全て♂でした。いつか♀も見てみたいです。
しかし、何も知らないと蛾と間違われそうですね(^^;)事実、そばにいた人が蛾と間違えていました。
今回初めて見ましたが(多分)、個人的にはシックな色合いとさりげないお洒落な模様が素敵なチョウだなと思います(^0^)/

ミヤマセセリ(深山挵) Erynnis montanus
2017年3月下旬撮影
[PR]
# by feigao | 2017-03-28 22:07 | | Trackback
b0069564_19021689.jpg

このアトリのお嬢さん(?)はしばらくこの状態で固まっていた後、一旦木の実を落として再びそれを咥えた状態でまた固まっていました。
とっても可愛いかった~(^^)
果たしてこの大きめの木の実を無事食べることができたのでしょうか?

b0069564_19024054.jpg

だいぶ頭部が黒くなってきましたね。

アトリ(花鶏) Brambling / Fringilla montifringilla
2017年3月中旬撮影





ここからはちょっとした愚痴になります。不快な方はここで今日の記事をご覧になるのを終了なさって下さい。











あることをネットで調べていたら、以前見たことのあるサイトを再発見して失笑してしまいました。
何故失笑したかと言いますと、そのサイト主である年配の男性の日記コーナーに私と出会った時のことがヘンテコリンにに書かれているからなのです。
その昔、とあるフィールドで私が野鳥撮影を終えて帰ろうとしている時、その年配の男性がやって来て向こうから話かけてきたのですが、その時その人と交わした言葉は


年配の男性「何かいましたか?(撮れましたか?)」  自分「××と××がいましたよ。どこどこで××が~…」


という、他愛もない、フィールドではありがちな会話だったはずなのです。
ですが、その人は自分のサイトで私のことをおばちゃん呼びし、一度見たら忘れられない個性的な面立ちと私の容姿にやんわりと言及し、
いつも連戦連勝だから今回は私に花を持たせてあげよう…などと、わけの分からないことを書かれてたのです。工エエェェ(゚Д゚)ェェエエ工~?


いやいや、そもそも私はその男性の子供くらいの年齢なのですがね。私の父よりも年上ですし。
分かっていて敢えてそう書いているのでしょう。

綻んでいる…って、それただの愛想笑い。成人済みで接客業の経験があればそれくらいできて当たり前です。

自分自身では地味で特徴の無い顔だと思っているので、一度見たら忘れられないという形容はおかしいと思うのですが、
ああそうか、私があまりに不細工すぎて忘れられないという意味なのかな?(笑)
格好ならば確かに今時の女性っぽくない感じで、お洒落なアウトドア系の服装ではあまり野鳥撮影をしません。
一応ブランド物の、ちょっと値が張る服ではあるのですが、一見作業服みたいな地味な格好です。いい写真を撮るために無理な態勢や、時には寝そべったりもするのでデニム生地のズボンなどはあまり穿きません。そういう意味では合っているかもしれませんが、それは「面立ち」ではなく「出で立ち」ではないかと思うのです。

連戦連勝のくだりがよく分かりません。何を競っているの?


…などと、かなりの上から目線で、何かもう色々と突っ込みどころ満載な文章でした。
この人相手に読まれるリスクがあるということを考えずに書いていますよね。

そもそも自分から情報を聞いておいて、答えてくれた相手のことを小馬鹿にした書き方をするって人間としてどうなんだ?
いくら知識が豊富でも、全然駄目じゃんか!…と、当時はブチ切れていたわけです(--;)
この年配の男性は、私のことを一度見たら忘れられない顔(笑)とのことで、色々なフィールドで何度も出会っていると記憶しているそうですが、
大きな機材を担いだ年配の男性はフィールドにたくさんいらっしゃるので、正直記憶にありませんでした。
連戦連勝というからには以前に何度か会話したことあったのだろうか。


当時、親切な方がこのサイトであんたの事が書かれているよと教えてくれたので初めてこの記事を知りました。
その後、しばらくしてリンク先が切れていましたので(わざわざブックマークなんてしたくもありませんし)、サイト名も失念し、てっきりこの記事を削除したのかと思っていましたが、ただ単にサイト内で記事を移動しただけだったようです…。
今回その記事を再発見し、当時マジギレした時の出来事を思い出したというわけです。

改めてその記事を見ると、私が情報を伝えた後そのポイントへ行ったものの、全く見ることができなかったので
腹立ちまぎれにあのようなことを書いたのかなとは思います。でも私はその後のことまでは関知できませんし、少々大人気ないのでは?(笑)
う~ん、やっぱり何だかなぁ…。

この出来事の後、フィールドで誰かに「何かいましたか?」と聞かれても適当にはぐらかしたりして情報を教えることはしなくなりました。
だって親切心で教えて変に書かれたらたまったものではありませんから。
勿論、こんな性格の悪い人なんてそうそういないとは思うのですがね。
ちなみに自分から相手に情報を聞くということはありません。相当親しい間柄でも無い限り。

[PR]
# by feigao | 2017-03-26 20:59 | アトリ | Trackback
b0069564_22383442.jpg

今年は散歩中に何度か見ているのですが、その時機材を持っていなかったので指を咥えて肉眼で観察するのみでした。
ヒタッキーは可愛いですね

ルリビタキ(瑠璃鶲) Red-flanked bluetail / Tarsiger cyanurus
2017年3月中旬撮影
[PR]
# by feigao | 2017-03-22 22:53 | ルリビタキ | Trackback
b0069564_22172613.jpg

普通種とのことですが、実はルリシジミをちゃんと見たのは初めてです。
去年の10月後半辺りからコンデジで蝶を撮影し始めましたが、探しても一度も見つかりませんでした。
その頃はまだギリギリ見られるかなぁと思っていたのですけどね。でもお陰でヤマトシジミをたくさん観察することができました(^^)
今回はっきりと見ることができてとても嬉しいです。イェイ!

それと中古でミラーレス一眼とマクロレンズを購入してみました。
ミラーレス一眼の方はデジスコにも使えるかなと思ったのですが、アダプター類をまだ購入していませんので
今しばらくおあずけですね。ずっとコンデジでしたのでまだ全然慣れていませんが、徐々に使いこなせるようになりたいです。

ルリシジミ(瑠璃小灰蝶) holly blue / Celastrina argiolus
2017年3月20日撮影
[PR]
# by feigao | 2017-03-21 22:50 | | Trackback
b0069564_20435306.jpg

薄暗い場所だったので、落ち葉をひっくり返しているところは心霊写真のようにブレてしまって全滅でした…。

b0069564_20435624.jpg

羽繕い中。覗いてごめんなさい。

シロハラ(白腹) Pale Thrush / Turdus pallidus
2017年3月中旬撮影
[PR]
# by feigao | 2017-03-20 21:01 | シロハラ | Trackback