ブログトップ

Bravo! Birds

brabirds.exblog.jp

妄想が暴走している、あいたたた…なフォトブログです。最近はミラーレス一眼でチョウが多いです。気ままに一方的に更新。

タグ:トンボ ( 39 ) タグの人気記事

b0069564_07510749.jpg

ホソミオツネントンボもまた見ることができました(^^)¥
ベンチに座っていた家族の頭に近づいてきて(?)、私が驚いたらふわっと上の方の枝に止まりました。
最初越冬トンボだって分からなかったもので…。
そういうことってあるんですね~。実に惜しいことをしました。本当に残念!!

ホソミオツネントンボ(細身越年蜻蛉) Indolestes peregrinus (Ris, 1916)
2017年11月上旬撮影



[PR]
by feigao | 2017-12-12 03:17 | 昆虫 | Trackback
b0069564_22312750.jpg

越冬型のホソミイトトンボに会えました(^^)
お久しぶりぃ~♪

このポイントでジョウビタキにも会えました。
ここ1年ほとんど昆虫を撮影していますが、野鳥に興味を失ったとかそういうことではありません。
デジスコをあまり担げないだけで、肉眼で野鳥を観察していますよ。

ホソミイトトンボ(細身糸蜻蛉) Aciagrion migratum (Selys,1876)
2017年11月上旬撮影



[PR]
by feigao | 2017-12-02 22:46 | 昆虫 | Trackback
b0069564_17325336.jpg

ワンドのような場所に行った時、オオアオイトトンボが複数いました。
そろそろシーズンも終盤だし、水辺にきて交尾・産卵するのかなと観察していると妙に白っぽい個体がいることに気が付きました。
よくよく見てみるとクロイトトンボ♂のように粉が吹いて、複眼が随分青っぽいです。
これがアオイトトンボかぁ~と思いました。
今まで見たことが無かったのでとても嬉しかったです(*^^*)

アオイトトンボ(青糸蜻蛉) Lestes sponsa (Hansemann, 1823)
2017年10月中旬撮影



[PR]
by feigao | 2017-11-18 22:21 | 昆虫 | Trackback
b0069564_19094389.jpg

たまたまベンチで隣にいた方の帽子の上にマユタテアカネが止まったので、許可をいただき撮影・画像アップいたしました。
図々しい願いを聞いていただき、ありがとうございました。改めて御礼申し上げますm(_ _)m
この場所が気に入ったようで、しばらくこの方の上に止まっていました。暖かいもんね~。

今年はアキアカネやナツアカネより多くマユタテアカネを観察することができました。
今まで気が付かなかっただけで、実はマユタテアカネの方が多いのでしょうか…?
たまたま行った場所がマユタテアカネが多い環境だったのかな?

マユタテアカネ(眉立茜) Sympetrum eroticum eroticum (Selys, 1883)
2017年10月中旬撮影


[PR]
by feigao | 2017-11-16 19:38 | 昆虫 | Trackback
b0069564_23105840.jpg

駐車場のチェーンに止まったコノシメトンボの♂です。
♂も結構真っ赤になりますね(^^)
翅の先にある斑紋に注意しないとナツアカネと間違えてしまいそうです。

コノシメトンボ(小熨斗目蜻蛉) Sympetrum baccha matutinum Ris, 1911
2017年10月中旬撮影


[PR]
by feigao | 2017-11-11 23:23 | 昆虫 | Trackback
b0069564_11091157.jpg

某健脚コースを歩いていたらトンボがホバリングしていました。
最初オニヤンマかなと思い、この時期にも飛んでいるのか頑張れと少し観察していたのですが、
よく見るとオニヤンマよりも小さいですし全体的に赤銅色っぽい感じであれ?となりました。
その後そのトンボは静かに降りたので恐る恐る近づいてみると、抽水植物(コナギ?)につかまりながら身体の下半分程水中に沈めていたので
あぁ…これは♀のトンボで産卵しているのかぁ~と気づきました。

しかしこの♀のトンボ、全体的に赤銅色っぽくてラインが蛍光色の黄緑…凄い色合いですね。
恐らく初めて見るトンボで、帰宅後調べてみたのですがマルタンヤンマ♀でいいのかな?

マルタンヤンマいう名前も凄いなと思ったら、学者の名前なのだそうですね。へぇ~。
まるたんと表記すると一気に可愛らしい感じになります。

マルタンヤンマ Anaciaeschna martini (Selys, 1897)
2017年10月中旬撮影


[PR]
by feigao | 2017-11-08 12:41 | 昆虫 | Trackback
b0069564_18163951.jpg

赤とんぼと言っても幾つも種類があって難しいですが、ミヤマアカネはその中でもかなり分かりやすい赤トンボですね。
遠くからでも翅の太い帯が目立ちます(^^)美しい…。

ミヤマアカネ(深山茜) Sympetrum pedemontanum elatum (Selys, 1872)
2017年9月中旬撮影
[PR]
by feigao | 2017-10-31 18:24 | 昆虫 | Trackback
b0069564_19061499.jpg

暗いところにいたのでオオアオイトトンボ♂です(違)
…冗談はさておき、アオイトトンボというお仲間のトンボもいるようですが、まだ見たことがありません。
いたけど気付かずに見過ごしていたのかな?(><)
よく薄暗い場所にいる印象のトンボなので、観察する時は蚊にも刺されやすくて大変です。

オオアオイトトンボ(大青糸蜻蛉) Lestes temporalis Selys, 1883
2017年9月中旬撮影
[PR]
by feigao | 2017-10-25 19:25 | 昆虫 | Trackback
b0069564_22245589.jpg

日本最大のトンボとして有名ですね。
この日は非常に暑かったため、発見時には既に休憩中でした。
そういえば今月上旬に、「香川照之の昆虫すごいぜ!~3時間目 オニヤンマ~」を放送していましたが
あのシリーズ結構好きです(^^)

b0069564_22300890.jpg

子供の頃はよく虫取り網で捕まえていました。同じコースをゆっくりと飛ぶので捕まえやすかった印象があります。
逆にギンヤンマは数えるほどしか捕まえられませんでした。
今でもその頃のトンボ捕りテクニックがあるかどうか、虫捕り網を使って試してみたい気持ちはありますが
大の大人である自分が子供より真剣に虫捕り網を振り回す光景を想像するとちょっとシュール?(笑)
実際に虫捕りをする機会は無いと思いますけれど…。

オニヤンマ(鬼蜻蜓・馬大頭) Anotogaster sieboldii (Selys, 1854)
2017年9月中旬撮影
[PR]
by feigao | 2017-10-20 23:04 | 昆虫 | Trackback
b0069564_18565105.jpg

翅の付け根が橙色になるから「根黄トンボ」でしょうか。
小学生低学年の頃は漢字が分からず、ヤゴが「ネキ~ッ」と鳴くのでネキトンボなのだと思っていました…いやマジで。
だって親は昆虫に詳しくないから教えてくれないし、持っていた図鑑にも漢字は書いてなかったし~。
まぁあれですな。同じ小学校低学年の頃忠臣蔵で「殿中でござる」の意味が分からず「電柱でござる」と変換して
???となっていたのと同じヤツです(違)

ネキトンボ(根黄蜻蛉) Sympetrum speciosum speciosum Oguma, 1915
2017年9月中旬撮影
[PR]
by feigao | 2017-10-17 19:17 | 昆虫 | Trackback