ブログトップ

Bravo! Birds

brabirds.exblog.jp

妄想が暴走している、あいたたた…なフォトブログです。最近はミラーレス一眼でチョウが多いです。気ままに一方的に更新。

タグ:LUMIX DMC-G7 ( 66 ) タグの人気記事

b0069564_01340260.jpg

足元で何か不思議な物体が動いており、最初蜘蛛の巣に虫が引っかかってもがいているのかと思ったらこの蛾でした。
独特の謎めいた飛び方をするんですよね。何と言いますか、インベーダーの動きを早送りしているみたいな(笑)
(※インベーダーを知らない若者の皆さんは是非検索してみてね!)
こちらは♂みたいですね。他にも何匹かこの場所にいました。

クロハネシロヒゲナガ Nemophora albiantennella Issiki, 1930
2017年5月上旬撮影
[PR]
by feigao | 2017-06-19 01:54 | 昆虫 | Trackback
b0069564_21195002.jpg

ダイミョウセセリというチョウです。撮影するのは今回が初めてです。
今まで見たことがあるはずですが、野鳥を追いかけていたのであまり気にしていなかったのでしょう( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン
後翅(こうし=4枚の翅のうち、下2枚の翅)には、地域差があるそうです。
関西型だと後翅にも白い帯が入るとか。そのタイプもいつか見てみたいものです。

ところで、どうして「ダイミョウ」という名が付いているのでしょうね。学名も「Daimio」になっているし~。
大名行列みたいに「下にぃ~下にぃ~」と偉そうに飛ぶから…は無いか( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

ダイミョウセセリ(大名挵) Daimio tethys (Ménétriès, 1857)
2017年5月上旬撮影
[PR]
by feigao | 2017-06-11 22:19 | 昆虫 | Trackback
b0069564_21195179.jpg

昨日中途半端に更新してしまい、ニホンカワトンボの♀しかアップできなかったので、今日もその続きです。
こちらは♂ですね。縁紋(翅の先端に近い部分にある、色の違う模様のようなもの)が茶色っぽいです。
♀の縁紋は白です。
この個体だけ地面にいたので、最初行き倒れているのかと思いましたよ(^^;)
無色翅型というタイプらしいです。

b0069564_21195082.jpg

こちらは橙色翅型の♂。翅の色が鮮やかですね。

ニホンカワトンボ Mnais costalis (Selys, 1869)
2017年5月上旬撮影

[PR]
by feigao | 2017-06-11 21:43 | 昆虫 | Trackback
b0069564_22443330.jpg

お散歩ついでにチョウを…と思い行った場所ですが、ニホンカワトンボがいてびっくりしました。
歩いているちょっと先にフワリと降りて、最初見た時「えっ、でっかいイトトンボ…?いや、違うか」とパニックになりました。
葉と葉にまたがって止まるとは結構器用ですね(笑)

b0069564_22443307.jpg

アサヒナカワトンボという、非常に似ているトンボがいるそうですね。DNA解析をしないと正確には分からないとか。難しい(><)
本当は題名をカワトンボとした方がいいのかもしれません。
ただ、今回行った所を含めた場所の分布を調べた文献があり、
それを見てみると今回の撮影場所に生息しているのはニホンカワトンボということで良さそう…?
(本来ならばその文献も提示するべきでしょうが、撮影場所が判明してしまうため申し訳ありません。)

あくまでトンボ素人である私個人の考えですので、画像で明らかに違うよ!というのがあれば
こっそり教えていただけると非常に助かります。

b0069564_22443274.jpg

正面顔です。結構迫力ありますね。

ニホンカワトンボ Mnais costalis(Selys, 1869)
2017年5月上旬撮影
[PR]
by feigao | 2017-06-10 23:42 | 昆虫 | Trackback
b0069564_14123604.jpg

前回は時間が無く、続いての投稿です。
ぷっくりしたお腹が可愛らしい、大きめのセセリチョウなのですね。
この日は気温が高かったせいか、夕方遅くまで吸蜜しに来ていました(普段はもっと早い時間に見えなくなるそうです)。
直射日光が当たるより、日陰の方がアオバセセリの綺麗な色が出る気がします。

b0069564_14123710.jpg

求愛行動も見ることができました。
♀がまっすぐ立ったような状態でゆっくりと上に飛んでいき、♂が♀の周囲を高速で飛び回るのですね。
♀がクリオネに、♂が♀の衛星のように見えました(ヲイ)

ところで、アオバセセリの幼虫はアレですね…以前NHKで放送していた『ニャッキ!』のニャッキを思い出します。あ~懐かしい(笑)
モデルは別の蛾らしいですが…。でも似たようなキャラクターをどこかで見たような気がするのですが、記憶違いでしょうか?

アオバセセリ(青羽挵) Indian Awlking / Choaspes benjaminii (Guérin-Meneville, 1843)
2017年5月上旬撮影
[PR]
by feigao | 2017-06-03 18:55 | | Trackback
b0069564_22391935.jpg

先週末は時間が無く、画像をアップできませんでした。とりあえずこの一枚だけ。
また後日同種をアップしたいと思います。

アオバセセリ(青羽挵) Indian Awlking / Choaspes benjaminii (Guérin-Meneville, 1843)
2017年5月上旬撮影

[PR]
by feigao | 2017-06-01 22:51 | | Trackback
b0069564_17492382.jpg

とにかく小さくて素早く飛ぶセセリチョウなのですね。最初飛んでいるところを見た時はアブかハチかと思いました(^^;)
普通種とのことですが、昆虫類に明るくない私にとって観察・撮影できることがとても嬉しいです。

コチャバネセセリ(小茶羽挵) Japanese swift / Thoressa varia (Murray, 1875)
2017年5月上旬撮影
[PR]
by feigao | 2017-05-21 17:58 | | Trackback
b0069564_17111204.jpg

某ポイントでベニシジミをはじめ、ヤマトシジミやルリシジミなどが多く生息している所を見つけました。
ベニシジミも個体差があってとても興味深いです。

ベニシジミ(紅小灰蝶) Small Copper, Common Copper / Lycaena phlaeas (Linnaeus, 1761)
2017年5月上旬撮影
[PR]
by feigao | 2017-05-21 17:18 | | Trackback
b0069564_03170661.jpg

トンボはもうすっかり忘れておりますので自信がありませんが、多分ヤマサナエだと思います。
恐らく♀。羽化してある程度時間は経っているのでしょうが、フラフラ~と危なっかしい感じで目の前に飛んできました。

ヤマサナエ Asiagomphus melaenops (Selys, 1854)
2017年5月上旬撮影
[PR]
by feigao | 2017-05-14 03:30 | 昆虫 | Trackback
b0069564_02015528.jpg

今月来月はあまり更新ができないかもしれませんので、1度に複数アップします。
成虫は春の一時期にしか見ることができないそうです。そういえば今月に入ってからはあまり見かけません…。
お散歩時に何度も見たのですが、いつもせわしなく飛んでいて撮影まで至ることができませんでした。
よくよく観察していると、モンシロチョウやスジグロシロチョウとは大きさや飛び方が違うので何となく分かってきました。
こちらは♀ですね。証拠写真ですが、記念にパシャリ。

ツマキチョウ(褄黄蝶) Anthocharis scolymus Btler, 1886
2017年5月上旬撮影
[PR]
by feigao | 2017-05-14 02:36 | | Trackback