ブログトップ

Bravo! Birds

brabirds.exblog.jp

妄想が暴走している、あいたたた…なフォトブログです。最近はミラーレス一眼でチョウが多いです。気ままに一方的に更新。

タグ:SONY DSC-W300 ( 19 ) タグの人気記事

b0069564_23255411.jpg

上の写真は2016年12月下旬に撮影したものです。この個体はその後落ち葉の下に隠れてしまいました。
この場所は当時もうすぐ陽が完全に陰ってしまうので、今日はきっとそのまま休むのだろうなと考えました。
でも人に落ち葉ごと踏まれたらどうするんだろう?とちょっと心配してみたり。

確かにここは落ち葉が積もっており、午前中から陽が照っていたので、落ち葉の中もしばらく暖かいでしょうね。
ですが、もしかしたら自分が近づいたせいで一時的に落ち葉の中に避難しただけなのかなと思い、30分程少し離れた距離から観察していましたが、そこから飛び立った様子はありませんでしたし、その間に完全に陰ってしまいました。

その頃、午後になると、そうやって地面の落ち葉の下に潜って休むムラサキシジミを何頭か確認しました。
たまたま年末とは思えないくらい暖かい日が続いたので、一時的にそうしていたという可能性も考えられますが。
たくさんあった落ち葉も、その後管理会社の人達によって綺麗にされてしまい、落ち葉の下に潜るムラサキシジミを確認できなくなりました。

ムラサキツバメやムラサキシジミの成虫は、越冬中常緑樹やそれに絡まった枯れ葉で休むものだというイメージがあったのですが、
幼虫はともかく、ムラサキシジミの成虫が地面にある落ち葉の下で休むこともある、とは知りませんでした。またひとつ勉強になりました。
チョウに詳しい方からは「そんなん常識やで~。何を今さら。」と言われてしまいそうですが(^^;)

SONY DSC-W300にて撮影

b0069564_23260209.jpg

20分くらいここで吸蜜していました。よっぽどお腹空いていたのでしょうね~。
「またここにチョウ達がやってくるかもしれない、楽しみだな~」と後日期待して行ってみたら、
誰かがこの周りの花を何株も持っていってしまったようです。何ヶ所もざっくりと土を掘られた跡が…OMG!!

ムラサキシジミ(紫小灰蝶) Japanese Oakblue / Narathura japonica
2017年3月下旬 LUMIX DMC-G7にて撮影

[PR]
by feigao | 2017-04-11 01:19 | | Trackback
b0069564_00324529.jpg

これは縦位置で撮影すれば良かったのでしょうが、スルスル…とどんどん上に登っていくので
慌ててそのままシャッターを切った記憶があります。
上にアブラムシが何匹かいます。

ナナホシテントウ(七星瓢虫、七星天道)  Seven-spot ladybird,Sevenspotted lady beetle / Coccinella septempunctata
2016年11月上旬撮影
[PR]
by feigao | 2017-03-07 21:21 | 昆虫 | Trackback
b0069564_01554637.jpg

2016年12月上旬に見つけ、撮影した越冬中のムラサキツバメ達。
しかしその後、急に気温が下がったのと降雨で、中旬には葉がほとんど落ちてしまい、
この場所のムラサキツバメはどこかへ行ってしまいました。
かなり高い場所にいたため、デジスコで撮影しています。
KOWA TSN774+TE-17W+SONY DSC-W300

b0069564_01574797.jpg

こちらは別の場所で見つけました。
白っぽくなって横に倒れているので、「あ、あのぅ…生きてますかぁ~?」ツンツンとさわりたくなってしまいます。
この日はとても風が強く、シュロの葉全体が大きく揺れるので、隣の葉にぶつかってふっ飛ばされはしないかと心配しました。
2017年1月下旬撮影

b0069564_01574794.jpg

♀です。左側の尾状突起(びじょうとっき)がありませんね。
2016年12月中旬 下2枚はコンデジSONY DSC-W300単体で撮影

ムラサキツバメ(紫燕) powdered oakblue / Narathura bazalus
[PR]
by feigao | 2017-02-28 03:10 | | Trackback
b0069564_23213895.jpg

ウラギンシジミの♀です。
♂の表の模様は茶褐色に橙色をしているのですよね。素人ですが、これだけは何とか分かります。
手すりに止まっていた♂も撮影したのですが、私が手すりにバッチリ映ってしまっているのでアップできません(^^;)
2016年12月中旬撮影

b0069564_23215262.jpg

成虫の状態で越冬します。この間も暖かい日にヒラヒラ飛んでいるのを見ました。
2016年10月下旬撮影

ウラギンシジミ(裏銀小灰蝶) Curetis acuta
[PR]
by feigao | 2017-02-23 00:01 | | Trackback
b0069564_23220774.jpg

こちらは♀でしょうか。
とても美しい色ですね。でも実際はもうちょっと青っぽく一部紫がかった色をしていたと記憶しています。
露出の問題やコンデジSONY DSC-W300の発色の特徴なのかもしれません。

b0069564_23241001.jpg

こちらは♂かな?
本当にきれいな色で、うっとり~♪
ムラサキシジミ(紫小灰蝶) Japanese Oakblue / Narathura japonica
2016年12月上旬撮影
[PR]
by feigao | 2017-02-14 23:39 | | Trackback
b0069564_00002196.jpg

花壇にて撮影。

…しかしセセリチョウの仲間も結構難しいですね。
特に私のような初心者ですと、○○セセリだと思っていたら、実は他の△△セセリだったということがありそうです。

チャバネセセリ(茶羽挵) Dark Small-branded Swift / Pelopidas mathias
2016年11月上旬撮影

[PR]
by feigao | 2017-02-11 23:54 | | Trackback
b0069564_22503768.jpg

夕方になり、おやすみモードに入りつつあるモンシロチョウです。

モンシロチョウ(紋白蝶) Small White,Small Cabbage White / Pieris rapae
2016年11月上旬撮影
[PR]
by feigao | 2017-02-08 22:56 | | Trackback
b0069564_00252648.jpg

この日は遠出をしました。
野鳥撮影のために1日かけて出掛けるなど何年ぶりでしょうか、フフフ…。
あまりの嬉しさにヒャッハー!と踊りだしてしまいそうでした。

初めて行く場所でしたが、そこで目の前にひょっこりとイトトンボが現れました。
「えっ、何で冬にイトトンボが?」とびっくりしましたが
日本には成虫のまま越冬するトンボが3種いるのですね(南西諸島辺りは違うのかな?)。コドモノコロヨンダズカンニハノッテイナカッタヨー

このイトトンボはそのうちの1種、ホソミイトトンボとのことです。
この個体は♂でOKでしょうか?それとも♀?
時間をおいて、何度かこの場所に現れました。

春になると(特に♂は)色が綺麗なブルーに変化するそうで、また会えたら良いな~。

ホソミイトトンボ(細身糸蜻蛉?) Aciagrion migratum
2016年12月下旬撮影

[PR]
by feigao | 2017-02-05 00:27 | 昆虫 | Trackback
b0069564_00255925.jpg

雨上がりの後、偶然見つけました。

b0069564_00261461.jpg

正面顔を撮ろうと思ったのですが、羽の方にピントがきてしまいました。うむむ…。

羽を開いたところも見たかったのですが、雨上がり直後のせいか一度も開きませんでした。
あきらめてその場を立ち去り所用を済ませ、帰り道の途中で再び立ち寄った時にはすでにいませんでした。
残念~。

キマダラセセリ(黄斑挵) Japanese Dart/ Potanthus flavum
2016年10月下旬撮影
[PR]
by feigao | 2017-02-01 05:26 | | Trackback
b0069564_22273505.jpg

…でいいのでしょうか?
ちょっと自信がありませんので、もし「ちっげ~よ!分かってないなぁ~( ´,_ゝ`)プッ」でしたら
こっそりエキサイトメールへ教えていただけると助かります。

成虫はとても美しい色合いをしています。

かなり暗い場所にいましたので、レタッチで明るさをかなり上げています。
コンデジ撮影で元がJPG画像ですので、ノイズが凄いことになってしまいました(--;)
そもそも暗い場所だったため、元々の画質がよろしくありません。
同じ条件下でもデジ眼で撮影すると大丈夫なのでしょうね、きっと。

アカスジキンカメムシ(赤条金亀虫)  Poecilocoris Lewisi
2016年10月下旬撮影
[PR]
by feigao | 2017-01-28 22:53 | 昆虫 | Trackback