ブログトップ

Bravo! Birds

brabirds.exblog.jp

妄想が暴走している、あいたたた…なフォトブログです。最近はミラーレス一眼でチョウが多いです。気ままに一方的に更新。

タグ:SONY DSC-W300 ( 19 ) タグの人気記事

b0069564_03142532.jpg

b0069564_03401012.jpg

b0069564_03403669.jpg

ヤマトシジミよりももう少し大きいシジミチョウの仲間です。
某ウォーキングコースでよく見かけました。

チョウに見られる、後翅(こうし)のひょろっと糸のように出ている部分
(「尾状突起(びじょうとっき)」というそうですが)は何のためにあるのでしょうね。
あれを見るとツンツンと触りたくなってしまって困ってしまいます。

ウラナミシジミ(裏波小灰蝶) Long-taild Blue/ Lampides boeticus
2016年10月下旬撮影

[PR]
by feigao | 2017-01-23 04:11 | | Trackback
b0069564_06164085.jpg

ベニシジミ可愛いです
子供の頃、身近で見ることのできたチョウの一種ですが、本当に大好きでした。
今も見かけると胸がときめきます
これは…♂でいいのかな?

ベニシジミ(紅小灰蝶) Small Copper,Common Copper/ Lycaena phlaeas
2016年10月下旬撮影

[PR]
by feigao | 2017-01-21 06:36 | | Trackback
b0069564_11262842.jpg

遅くなりましたが、寒中御見舞申し上げます。

3、4年前に仕事で首と肩を痛めてしまったため、以前のような頻度で野鳥撮影に行くことは難しくなっていますが
(一応怪我は治っていますし首・肩のストレッチや軽い筋トレも頑張っています)、
その分休日に行っている、ダイエットと健康維持を兼ねた散歩&ウォーキングorジョギングの際に昆虫などを撮影できたらと思っております。
ダイエット頑張るぞ~。

早速ですが、今年最初にアップする画像はクロコノマチョウです。
はじめに「クロノコマチョウ」と覚えてしまい大変でした(^^;)
漫画『黒子のバスケ』を思い出せば間違えずにすみますからバッチリですね!(違)

夕方日没前ですでに薄暗くなっていましたのでssが上がりません。ISO80、F2.8、1/15sで撮影。
三脚なし、レリーズなし。コンデジ手持ちです、手持ち。この努力を褒めてやって下さい(爆)
ISO上げればいいじゃん、とおっしゃるかもしれませんが、
コンデジ(しかも名機とはいえ10年近く前の機種)でISOを上げるとノイズが凄いことにになります。

クロコノマチョウ(黒木間蝶) Dark Evening Brown/ Melanitis phedima
2016年10月中旬撮影 トリミング有り
[PR]
by feigao | 2017-01-19 12:29 | | Trackback
b0069564_23550429.jpg

昔はキチョウだったような記憶があるのですが、今はキタキチョウというのですね~。
キチョウがキタキチョウとミナミキチョウに分類されて、本土ではキタキチョウが分布していると…フムフム。
で、ミナミキチョウが「キチョウ」なのですか、何だかこんがらかってきそうですね。

キタキチョウ(北黄蝶) Common Grass Yellow/ Eurema mandarina
2016年10月中旬撮影

[PR]
by feigao | 2016-12-25 23:57 | | Trackback
b0069564_23030962.jpg

ハラビロカマキリ…だと思います。が、自信がありません(^^;)
手元に図鑑が無いのでネット上で調べました。
ハリガネムシに寄生されたりするそうですね(よい子のみんなは検索しては駄目ですよ!気分悪くされても責任持てませんから)。

思いっきりこちらをキッと睨みつけていますが、道幅が狭く、先へ進むにはこのカマキリを越えていかなければなりませんでした。
おお恐っ!

もし違っていたら、エキサイトメールでそっと教えていただけると幸いです。
サイトに表示されているヤフーメールはもう使用できない状態です。申し訳ありませんm(_ _)m

ハラビロカマキリ 腹広螳(蟷)螂 Giant Asian Mantis, Asian Mantis/ Hierodula patellifera
2016年10月中旬撮影

[PR]
by feigao | 2016-12-23 23:44 | 昆虫 | Trackback
b0069564_22062334.jpg

コンパクトデジカメ単体で撮影すると、やはり肝心なところで自分でピントを合わせられないのが悲しいです。
等倍にして確認してみると、「ああっ、ピントがちょっと惜しい!」というのが結構あります。
デジタル一眼のようにAFの精度が素晴らしいなら文句は無いのですけれどね。でも気軽に持ち歩いて撮影できるのがコンパクトデジカメの長所なのでしょう。
最近の機種はそこら辺は良くなってきているのでしょうか。結構高価な機種もあるみたいですね。
本格的に昆虫撮影にも力を入れるぞ~!となると、行き着くところはデジタル一眼…?

キタテハ(黄立羽) Comma Butterfly/ Polygonia c-aureum
2016年10月中旬 Sony DSC-W300にて撮影

[PR]
by feigao | 2016-12-14 22:25 | | Trackback
b0069564_10103138.jpg

個体A。早朝にコンパクトデジカメにて撮影しました。
コンパクトデジカメ単体で昆虫を撮影した場合、トリミングすることが多いです(ノートリの場合もあります)。
あと背景がどうしても綺麗にヌケてくれませんね。仕方がないことですが。

b0069564_10134046.jpg

個体B。鳥に襲われてしまったのでしょうか。
啄まれたような痕が後翅(こうし)にあり、一部欠損しています。

b0069564_10265500.jpg

個体C。
早朝でまだ寒かったため、羽を開いた状態が観察できませんでした、Oh…。

ヤマトシジミ(大和小灰蝶、大和蜆蝶) Pale Grass Blue/ Pseudozizeeria maha
2016年10月中旬撮影

[PR]
by feigao | 2016-12-11 10:50 | | Trackback
b0069564_08102249.jpg
自分にとって身近なチョウの一種であるヤマトシジミですが、オスとメスで違いがあったり高温期型と低温期型などがあってややこしいのですね(><)

おや、右手奥にいるのは…?

b0069564_08052163.jpg

チャバネセセリです。メスかな?
セセリチョウの仲間は、知らないと一瞬「蛾?」と勘違いしてしまいそうです。
子供の頃はよく捕まえていましたが(その後放していました)、今となっては「あれ…チャバネセセリだっけ?それともイチモンジセセリだっけ?」と
もうほとんど区別がつかなくなっている自分に愕然としてしまいます。

あとどうでもいいことですが、投稿記事タイトルの左側に白い小鳥を配置してみました。
ブログ背景画像の宇宙とタイトルのライトエフェクトがかかっているチョウもPhotoshopで作成してみました。
小鳥とチョウは自分で撮影した画像を元にブラシにしました。で?と言われたらそれまでですが…。

ヤマトシジミ(大和小灰蝶、大和蜆蝶) Pale Grass Blue/ Pseudozizeeria maha
チャバネセセリ(茶羽挵) Dark Small-branded Swift/ Pelopidas mathias
2016年10月中旬 DSC-W300にて撮影

[PR]
by feigao | 2016-12-01 09:35 | | Trackback
b0069564_07021127.jpg

前日に雨が降ったので、葉に溜まっている水滴を吸っているようです。

b0069564_07023668.jpg

こちらは別個体。

b0069564_07212636.jpg

もう少し上から撮影したかったのですが、やや高い位置に止まっていたのでこんなアングルになってしまいました。
2,3枚目は♂でいいのかな?浅学なため自信がありません。

もし「このチョウ違うよ」というのがありましたら、エキサイトメールへご連絡頂ければ幸いです。
ムラサキツバメ(紫燕) Powdered Oakblue/ Narathura bazalus
2016年10月中旬 SONY DSC-W300にて撮影

[PR]
by feigao | 2016-11-26 00:16 | | Trackback