ブログトップ

Bravo! Birds

brabirds.exblog.jp

妄想が暴走している、あいたたた…なフォトブログです。最近はミラーレス一眼でチョウが多いです。気ままに一方的に更新。

b0069564_18380920.jpg

歩いていたら足元の草にいました。
一瞬大きなアメンボ?と思ってしまいましたよ。
どうやらカメムシの仲間のようですね。
触るとやっぱり臭いが強烈なのでしょうか。試してみたいけれど、ちょっと勇気が…(笑)

クモヘリカメムシ(蜘蛛縁亀虫) Leptocorisa chinensis
2017年8月中旬撮影
[PR]
# by feigao | 2017-10-10 18:46 | 昆虫 | Trackback
b0069564_21251327.jpg

前回途中で力尽きてしまったので、今回ムスジイトトンボの続きをアップしたいと思います。
クロイトトンボだと思っていたイトトンボ達ですが、実はムスジイトトンボも結構いたということで
ムスジイトトンボの産卵も複数見ることができました。

b0069564_21254363.jpg

真横からは撮影することができませんでしたので、中途半端なアングルから。

b0069564_05414939.jpg

ちょっと大変そうな態勢で産卵をしているように見えます。
あと♀が潜水産卵していて、♂がちょこっとしか見えていない状態のペアもいました。
その潜水能力が羨ましい…。ムスジイトトンボ Paracercion melanotum (Selys, 1876)
2017年7月下旬撮影

[PR]
# by feigao | 2017-10-07 22:12 | 昆虫 | Trackback
b0069564_22550517.jpg

クロイトトンボを観察していたら、何か違うイトトンボがいました。
周囲を見てみると結構飛んでいます…(゚Д゚;)ビックリ!!
てっきりクロイトトンボだとばかり。どうやらムスジイトトンボという種らしいです。

b0069564_22550615.jpg

1、2枚目は♂です。目の色が綺麗
つい、「トンボのめがねは 水 色 めがね~♪」という歌を歌いそうになります。

b0069564_22550584.jpg

こちらは♀と思われます。
腹部第7節に付いているのは卵?それとも何かの藻とか?このままだと乾燥してしまうけどいいのでしょうか。
ちなみに自分が産卵中の♀を邪魔したわけではなく、最初からこの枝に止まっている状態でした。

※※10月12日追記※※
ミズダニの一種でしょうか?

ムスジイトトンボ Paracercion melanotum (Selys, 1876)
2017年7月下旬撮影
[PR]
# by feigao | 2017-10-05 23:24 | 昆虫 | Trackback
b0069564_18205750.jpg

この画像だとまるで実にかぶりついているように見えます(^^) 綺麗な色だ~♪
まさかこのような場所にもベニイトトンボがいるとは思いもよりませんでした。
トンボの世界も奥が深いです。

b0069564_18205752.jpg

1枚めの画像は♂で、こちらは♀です。
この個体は薄暗いところにひっそりと佇んでいました。
南の方にはリュウキュウベニイトトンボというイトトンボがいるそうで、そちらもいつか機会があれば見てみたいです。

ベニイトトンボ(紅糸蜻蛉) Ceriagrion nipponicum Asahina, 1967
2017年7月下旬撮影
[PR]
# by feigao | 2017-10-04 18:58 | 昆虫 | Trackback
b0069564_22434264.jpg

被写界深度の関係で産卵中の♀がボケてしまっていますが、
♂が目の前にあった草によっこいしょとつかまっているところです。
ホソミイトトンボでも同じように産卵しているところを見たことがありますが、
やっぱり♀の産卵中にずっと♂が立ったような状態で頑張るのは疲れますよね(笑)

クロイトトンボ(黒糸蜻蛉) Paracercion calamorum (Ris, 1916)
2017年7月下旬撮影
[PR]
# by feigao | 2017-09-30 23:09 | 昆虫 | Trackback
b0069564_16002880.jpg

結構警戒心が強いトンボのようですね。いつも証拠写真しか撮れませんでした。
昔、実家の近くで毎年真夏になると1羽でフラフラ~と飛んでいるのを出勤前に見たことが何回かあります。
自然が豊かな場所だとたくさん生息しているのでしょうね。

ハグロトンボ(羽黒蜻蛉) Atrocalopteryx atrata (Selys, 1853)
2017年7月下旬撮影
[PR]
# by feigao | 2017-09-29 16:13 | 昆虫 | Trackback
b0069564_23543643.jpg

薄暗いところにひっそりと佇んでいました。
あまりにも暑かったので涼し気な場所に避難していたのカモ?
♀の未成熟個体ではないかと思われますが、きっと今頃はお腹がもっと赤くなっていることでしょう(^^)

ナツアカネ(夏茜) Summer Darter / Sympetrum darwinianum (Selys, 1883)
2017年7月下旬撮影
[PR]
# by feigao | 2017-09-23 20:04 | 昆虫 | Trackback
b0069564_23285973.jpg

去年はチラチラっと遠目で見送るばかりのコミスジでしたが、今年は結構見ることができました。
コンデジを持って真面目に蝶を撮影するようになったのが去年の10月頃からでしたので
きっとその時は終盤だったのでしょうね。

b0069564_23364214.jpg

こちらは上とは別個体のコミスジです。
来年はホシミスジとかオオミスジなども見ることができたら良いな~♪

コミスジ(小三條) Neptis sappho (Pallas, 1771)
2017年7月下旬撮影
[PR]
# by feigao | 2017-09-22 23:41 | | Trackback
b0069564_16131831.jpg

今年7月上旬に撮影した、未成熟の♂と思われる個体です。
暗い場所にいたので、ISOを800に設定したまま撮影してしまいちょっとノイジーです。

b0069564_16131885.jpg

7月下旬に撮影した、上とは別個体です。
眉状斑がくっきり写っています。
それを眉を立てたように見える様子からこの名前が付いたそうですが、
私には人が豚の鳴きマネをする時に鼻を指で持ち上げるアレにしか見えません(笑)

b0069564_16131882.jpg

こちらは今月中旬に撮影した♂の個体です。
腹部がもう綺麗な赤に色づいていますね♪そして尾部上付属器(一番うしろ)の反り返りが凄いです(♂の場合)。

マユタテアカネ(眉立茜) Sympetrum eroticum eroticum (Selys, 1883)

[PR]
# by feigao | 2017-09-17 16:35 | 昆虫 | Trackback
b0069564_23010896.jpg

こちらは当ブログ初登場ですが、過去に撮影した画像です(^^;)
元気よく囀っていましたよ♪
この時はあまり近づくことができなかったので(しかも身体の一部が葉っぱに隠れてしまうことが多かった)、
正直北の国で見たシマセンニュウとどう違うのかがあまり分かりませんでした(><)
近いうちにまた見に行けたらなと思っております。

ウチヤマシマセンニュウ(内山島仙入) Styan's Grasshopper Warbler / Locustella pleskei (Taczanowski, 1889)
2012年5月 TSN-774+TE-17W+DSC-W300にて撮影
[PR]
# by feigao | 2017-09-15 23:27 | ウチヤマシマセンニュウ | Trackback